おすすめの南アフリカワイン  3000円編

アフリカというイメージはワインになかなか結び付きにくいと思います。広大なサバンナで動物が歩いているイメージですよね。それからラグビーが強いとかでしょうか。しかし南アフリカのワインの歴史はかなり古いようです。17世紀にはドイツの移民によってワインが既に造り始めていたようです。緯度を見ればオーストラリアのワイン産地やチリの産地とほぼ同じで、寒暖の差もありぶどう栽培にも適しているようです。現在ではワインの生産量が世界の4.1%まで上がって来ています。

スピアー シーワード ピノタージュ

南アフリカといえば真っ先に思い浮かべる品種はピノタージュ種です。これはピノノワールとサンソーの交配種でまさに南アフリカで生まれたぶどうです。ピノノワールの華やかさとサンソーのスパイシーさを兼ね備えており、甘辛系の料理に合うとされています。個人的にも好きな品種ですが、1994年にアパルトヘイトの撤廃により海外との貿易が盛んになり、海外が好むカベルネを造る生産者が増え最近はピノタージュのワインが少なくなって来ているようです。

このスピアーは南アフリカで最も古いワイナリーの一つで素晴らしいテロワールを活かしたワインを造っています。ミドルレンジのシーワードのピノタージュはオーク樽14カ月、ステンタンク2か月のフルボディで豊潤さと複雑さを持ちスパイスやバニラ香が広がり、深い果実味と細やかなタンニンと酸のバランスが美しい味わいとなっています。

スピアシーワード
スピアシーワード
スピアステルンボッシュ
スピア

スピアー シーワード ピノタージュ

スタークコンデ カベルネソーヴィニヨン

このクオリティーのカベルネを3000円以下で出されては他の国のカベルネはグーの音も出ませんね!オーナーのホセコンデ氏が1998年に立ち上げたワイナリーで、何と独学でワイン造りを学んだ天才醸造家です。自社が持つ畑がカベルネにとって理想の土と気候だったのでしょう。NYタイムスのワインコラム「ワイン&ダイン」が南アフリカは正当な価格で手に入る高品質カベルネの産地で最も重要な産地と賞賛し、このワインも南アフリカ産のトップカベルネに選ばれています。ちなみにオーナーの奥様は日本人との事。

カベルネソーヴィニヨン85%プチヴェルド8%プティットシラー4% フレンチオーク樽熟成20カ月(新樽比30%)赤スグリの果実味が特徴で落ち着きのあるクラシックなスタイルでダークチェリー系のフレーバーも広がり、飲みごたえがあります!ワインスペクテータ91他

スタークコンデ
スタークコンデ
スタークコンデワイナリー
スタークコンデワイナリー

created by Rinker
¥3,132 (2024/06/20 12:36:15時点 楽天市場調べ-詳細)

ニュートンジョンソン ウォーカーベイ ピノノワール

南アフリカのピノノワールも凄いんです次はピノノワールを得意とするニュートンジョンソンです。ここのオーヴァーバーグという土地は南アフリカで最も冷涼な地区のひとつでKWV(南アフリカブドウ栽培協同組合の時代にはぶどう畑として認可されなかった新しい産地です。海からわずか2~8kmと近いので海洋性の影響を受けています。そう俗に言う海のワインでしょうか。目次に使った夕日とワイングラスの写真もこのニュートンジョンソンの写真です。遠くに見えるのは海かも知れません。ティムアトキンMWが選ぶ南アフリカワイン格付1級のワイナリーでワイン評価誌「プラッターズ」ではピノノワールとして最多の連続最高評価★★★★★を獲得しています。

ニュートンジョンソン
ニュートンジョンソン
NEWTONJHONSON

鮮やかなスミレの香りに艶のある赤果実とスパイスのノート、森林を想わせるニュアンスも持っており整ったタンニンも持ちます。熟れたラズベリーとしなやかな酸味が余韻まで長く続きます。ピノノワール100% フレンチオーク樽熟成11カ月・・官能的なワイン!!

ニュートン ジョンソン ウォーカー ベイ ピノ ノワール

おわりに

かつて南アフリカやチリなどはサードワールドワインという名で広がりました。しかしそれぞれの地では我々が想像した以上に古い歴史があり、先進国の勝手な言い方だったような気がします。まあ世界中に広まったという意味ではサードワールドなのでしょうが、いずれにせよコストパフォーマンスの高さには驚かされます。安価な土地や人件費のおかげでしょうが、ぶどうに適してる気候は限られてるので世界中でまた新たな地域でスーパーワインが登場するかもしれません。なにせ最近の気候はどんどん温暖化になり、今まで生育不可能な場所にもぶどうの栽培がされてきています。チリワインがそうだったように、この南アフリカも恐らく今後素晴らしいワイナリーがどんどんと誕生して世界を驚かせてくれる事間違いないでしょう!!

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)