【ジャケ買いワイン】 コッポラのワインラベルが美しすぎる!

フランシス フォード コッポラと言えば誰でもが知っている映画の巨匠ですよね。1972年の「ゴットファーザー」や1979年の「地獄の黙示録」などかなり昔の映画ですが、アメリカ映画の金字塔として今でもCS放送などで放映されています。彼がワインを造っていることはあまり知られていないかも知れませんが、7つものブランドを持っているカリフォルニアでは超有名なワイナリーのオーナーです。1972年にナパヴァレーに別荘を探していた時に「オーパスワン」で有名なロバートモンダヴィにワイン造りの情熱を教わり、当時名門ワイナリーであったイングルヌックの再建を果たし、ついに2006年に自分の名を冠した「フランシスフォードコッポラワイナリー」をソノマに設立しました。

「このワイナリーのアイデアを開発し始めたとき、それはリゾートのようなもの、基本的にはワインのワンダーランド、あらゆる年齢の人々が人生で最高のものを楽しむことができる喜びの公園のようなものであるべきだと考えました」–フランシスフォードコッポラ談

ワイナリーはまるで映画の博物館のような素敵な演出がされています。今では7つのワインブランドを持ち、色々なレンジのワインを造っています。その一つには娘の名を冠した「ソフィア」という上品なスパークリングワインも高い人気を博しています。

さてそのシリーズにディレクターズカット」というシリーズのワインがあります。今回はこのエチケット(ラベル)が非常に美しく創意に満ちたものなのでご紹介します。今までに様々なラベルを見てきましたがこのワインに出会った時には感動ものでした!ゾーエトープという動画の初期装置に使用されていたフィルム上の帯をイメージしたものだそうです。ラベルに使われている紙や金箔押のロゴなど、こだわりが凄いのです。

CABERNET SAUVIGNON

ワインはぶどう品種ごとに5種類ですが、限定版も存在するようです。小さくて見づらいかも知れませんがカベルネソーヴィニヨンには悪魔が玉乗りをしているカットやシャルドネには女の子が縄跳びをしているカット、ジンファンデルには男女がダンスを踊っているカットなど可愛らしくて細かなセンスがキラリ!です。これはボトルに斜めにグルっとまかれているのでどうやって貼っているんだろうと感心してしまいます。今回はテイスティングコメントは控えますが、概ねフレンチオーク16カ月でぶどう品種の特性をふんだんに生かした高レベルのワインで、アカデミー賞のオフィシャルワインにもなっています。飲むのはもちろんですが、この瓶を全部コレクションとして飾ってみたいシリーズです!!

CHARDONNAY
CINEMA LIMITED
CABERNET SAUVIGNON
PINOT NOIR
ZINFANDEL
created by Rinker
¥4,400 (2024/03/02 11:10:10時点 楽天市場調べ-詳細)