おすすめのフランスワイン3種  3000円編

フランスワインはその長い歴史のもと個性豊かなワインが数多く存在します。1000円を切るカジュアルワインからロマネコンティ級のものまでさまざまです。日本への輸出量はチリワインに抜かれ(チリワインは500円を切るテーブルワインが豊富なので)ちょっと大人しい感じがあります。天候不順が続いたり、生産原価が高くなり出荷価格も上がってしまっています。品質と価格のバランスが悪いワインもたまに見かけますが、そんな中今回3種類の地域の違うワインをご紹介します!

シャトーボーモン

価格のわりのはいいんじゃない!ってことで日本でも玄人受けするクリュブルジョワ級のオーメドックです。クリュブルジョワというのは簡単に言えばメドック格付け1級から5級の下部ランクの格付けとなります。実は何十年と格付けでゴタゴタとしてやっと最近落ち着いたようです。そもそもメドック格付けは1855年に制定されてからほとんど変化のないシャトーですので、正直あまり信用ならん~ていうのが本当のところではあります。格付けでゴタゴタなんて聞いてるほうも嫌ですもんね。

そんな中長い信頼で安定品質のこのシャトーはれっきとしたブルジョワさんです。サンジュリアン村の南、マルゴー村との中間に位置するオーメドックのシャトーです。

カベルネソーヴィニヨン53%メルロー40%他でオーク樽熟成14カ月。比較的早くから楽しめてしなやかで複雑さが人気です。最近このセカンドワイン「レトゥールドボーモン」がリリースされました。セカンドワインを出すなんて~カッコイイですね、一流ワインの仲間入りかな。

CH BEAUMONT
CHATEAU OF BOUMONT

created by Rinker
¥2,530 (2024/07/18 03:44:14時点 楽天市場調べ-詳細)

ドメーヌ ポールマス グランドレゼルヴ

ラングドック地方で絶大な信頼と人気を誇るドメーヌポールマスのカベルネソーヴィニヨン100%です。ポールマス氏の信条は「クオリティは一部の人のための高級ワインではなく、誰もが楽しめるワインの中にこそ求められる」。この言葉からも解るように「高品質、低価格」が売りです!そうですよね~どんなに凄いワインだとかヤバいワインだとか言っていても手が届かなくては、絵に描いた餅でしょうか。

本当に信頼できるワイン造りの上手いおじさんだと思います!南仏カベソー100%の実力をぜひ堪能してください。最高クラスのぶどうを使い複雑かつ上品なアロマと強い凝縮感とミネラルが素晴らしい~

DOMAINE PAUL MAS GR
PAUL MAS

ポールマス グランレゼルヴ カベルネソービニヨン

シャトーブースカッセ

フランス西南地方のワインです。西南地方は長い間ボルドーの知名度に隠れ正当な評価を得ていなかったところですが、アランブリュモン氏によって一躍国際的な評価を得ました。そもそもフォアグラなどの高級食材の産地だったこの地をワインも含めた世界一のガストロノミーの産地として認知されよう~とがんばったのがブリュモン氏です。

伝統品種タナが有名です。黒ぶどうのタンニンがバリバリのやつです。この品種を上手に使い「西南地方のペトリュス」「テロワールの天才」などと専門誌がこぞって高い評価をつけました。彼の持つシャトーモンテュスは毎年俳優のトム・クルーズがジェット機で買いに来るそうです・・モンテュスの話は別の時に。

今回はブリュモンのシャトーブースカッセです。タナ種主体の濃厚なスタイルのワインです。濃厚だけじゃ飽きがきます、エレガントな果実味となめし革や鉄分などの香りを持ち、ジューシーな凝縮感のあるブラックベリー、イチゴジャムやプラムとタ特有の心地よいタンニンが豊富です。SAKURAワインアワード2020ゴールド、ワインエンスージアスト93ポイント。

CH BOUSCASSE
MONTUS

created by Rinker
¥2,980 (2024/07/18 03:44:14時点 楽天市場調べ-詳細)

おわりに

フランスワインのおすすめを考えるのは少し難しさがあります。シャトーやドメーヌのオーナーが変わり急激に良くなったり悪くなったりもしますし、サードワールド(もうそう言わないか)のように新しい新鮮なパワーの息吹より、やはりアペラシオンの伝統が優先される国だと思うからです。でもそれがフランスワイたる所以です。今回ブルゴーニュを出せなかったのは残念です、ブルゴーニュは高騰しすぎて3000円予算では手を付けないほうが無難です。また次の機会にしましょう!

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)